一人暮らしの飼い主が旅行をする場合、家に残したペットの世話はどうする?

ペットホテルに預ければ常時見てもらえる

一人暮らしでペットを飼っている人が旅行へ行く場合、一番の問題はペットの世話をどうするかということです。ペットが金魚などのように一日、二日程度の絶食であればまったく問題ないという種類であればいいですが、犬や猫などの大型動物の場合、旅行期間が長くなればなるほど、様々な問題が発生します。犬であれば、食事、トイレ、散歩などです。解決方法としては、まずペットホテルに預けるという方法があります。ペットホテルはペットショップなどで行われているサービスで、名前の通り、ペットを預けて泊まらせることが可能です。ペットをどのように過ごさせるのかはペットホテルによって違いますが、周囲に別の動物がいる中でケージに入れておくところもあれば、ある程度広い個室に泊めるところもあります。

外に出すとストレスを感じる動物にはペットシッター

ただ、ペットショップの場合、慣れない環境で動物がストレスを感じてしまうことがあります。特に、猫の場合は犬のように孤独を感じることなく、たとえ飼い主が旅行に行って留守になっても家の中で過ごすことを好むので、ペットホテルには預けない方がいい場合もあります。では、そういったケースでは留守番させるペットをどのように世話をすればいいのかというと、ペットシッターに頼むという方法があります。ペットシッターとは、留守宅の家に定期的に訪問してくれて、えさを与えたり、トイレの砂を交換してくれる人のことです。ペットの様子はスマートフォンなどで撮影してメールで送ってくれるので安心ですし、ちょっとした家の雑用も頼むことができます。

タビマスターズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です