究極の交通費節約!ヒッチハイクのメリットとデメリット

内向的な人にとってはかなり難しい

旅行するときにもっとも交通費を浮かせられる方法はヒッチハイクをすることです。では、ヒッチハイクにはどのようなメリット、そしてデメリットがあるでしょうか。まず、デメリットですが、人とのコミュニケーションが苦手な人、内向的な性格の人にとってはかなり難易度が高いということが挙げられます。手を挙げたり、ボードを掲げたりして自分の存在をアピールしないと車を止めてもらえませんし、止めてもらったらドライバーと交渉をしなければなりません。さらに乗せてもらえることになった場合は赤の他人のドライバーと長い時間、会話をしなければならないのです。また、いつ車に乗ることができて、その車はどこまで行くのかまったわからないので予定が立てられないという問題もあります。

他人との会話を楽しめれば旅をより充実させられる

一方、メリットですが、お金がかからないというほかにいろいろな人と話せることが挙げられます。コミュニケーションが苦手な人はこれが苦痛になるわけですが、逆に人と会話をするのが好きな人にとっては、非常に楽しい時間になるわけです。また、話の流れで食事をおごってもらえたり、家に泊めさせてもらえる場合もあります。基本的にヒッチハイカーを乗せてくれる人は親切なので、そういったこともある程度期待できるのです。旅行というのは基本的に、目的地に着いてから楽しむものですが、ヒッチハイクであれば目的地にたどり着く過程も面白くできて、また、思い出深いものにできます。見知らぬ人の車に乗るというのは安全上のリスクもありますが、思い切ってトライしてみるのもいいでしょう。

旅行

苔に癒しを求めて、苔スポットに旅行に行く人々

ついに苔ブームの時代へ

ボタニカルブームの新しい形として誕生した苔ブーム。苔の持つ神秘的な魅力や美しさに魅せられた人々が今、増えているんですよね。苔には癒しの力もあるそうなので、癒しを常に求めている現代人には合っているのかも知れません。苔を愛する女性を苔ガールとも言うそうですが、彼女たちは自分で苔を育てるだけではなく、全国にある苔スポットと呼ばれる、見事な苔が生えている所に旅行に行って、自然の神秘に触れているのです。自分で苔スポットの情報を収集して個人旅行をする以外にも、苔ブームに着目した旅行会社が苔スポットに行くことと、地元の観光名所への訪問をセットにしたツアーを登場させていますから、苔目当てに国内旅行をしたい人にはいいですね。

ホテルの苔ファン向けのプランって?

苔スポットがある地域のホテルも、この苔ブームを利用しない手はありません。早速苔ガール向けのプランを企画した結果、苔を愛してやまない女性たちがホテルを訪れるようになったそうです。食事も通常のメニューとは一味も二味も違う、苔をイメージした個性的なメニューやカクテルを出すというこだわりを見せていますし、苔玉の作り方を指導したり、実際に現地の苔スポットに行ってみるなどの、苔好きを満足させる要素もきちんと揃えています。これだけ苔尽くしだと、まだ苔ガールにまでは到達していない人でも興味が出てくるのではないでしょうか。これからもっと苔スポットを活かしたツアーや、宿泊プランが全国で広がっていくといいですよね。

観光協会

女子旅プランを活用して、のんびりまったりリフレッシュしてみませんか?

女子旅プランできれいになる!

女性だけでワイワイ飲んだり食べたりして盛り上がる集まりを女子会と言いますが、女性だけで行く旅行のことを女子旅と言います。日帰りツアーでも女性向けに企画されたものが豊富にありますし、全国各地の旅館やホテルも女子旅用のプランを作って、女性客の呼び込みに熱心です。女子旅プラン専用の可愛らしい浴衣やアメニティが用意されているところや、美肌にいい温泉にゆっくりつかることができる旅館、美容にいいコラーゲンがたっぷり摂る事の出来る美味しい食事などを楽しめてしまうんです!アロマトリートメントやフェイシャルマッサージなどのエステ付きの宿泊プランが多いことも特徴です。エステに興味があったけれど行ったことのない…という人はこの機会に体験してみては?

ポータルサイトなどを活用して!

せっかく女子旅をするからには、楽しくてお金も時間もかけただけのことはある!と思える旅行にしたいですよね。イマイチな旅行だとせっかくストレス発散に来ても、逆にストレスをため込むことになってしまうかも。友達とも気まずくなってしまいかねませんし、それだけは避けたいですよね。そこで前もってリサーチに活用しておきたいのが、口コミサイトやポータルサイト、それに旅行代理店などが運営しているwebサイトの女子旅特集のコーナーなどです!口コミなら実際にそのホテルなどの女子旅プランを体験した人のリアルな感想が分かりますし、ポータルサイトなどなら料理やエステ、ルームサービスなどの項目からおすすめのプランを探しやすくなっています。

旅芸人

お気軽、90分の小旅行で気持ちもリフレッシュ

先ずは行き先をチェックしてみて

海外旅行に国内旅行、冬なら温泉に夏のマリンスポーツもワクワクしちゃうというものです。でも今回のオススメは高速道路のサービスエリアが行き先候補です。しかも高速道路に乗って目的のサービスエリアまで行くのではありません。どうやっていくかというと、サービスエリアに隣接した外部進入口を利用します。調べてみると意外に多くてのサービスエリアで採用されています。しかも駐車場は完全無料だったり数時間無料だったり、兎に角お手軽なのがオススメの理由です。連絡通路を抜けてサービスエリアの館内に入る頃には、まるでタイムスリップした様な気持になれるから面白いはずです。中には愛犬を連れて訪れる上級者もいるからビックリです。本来なら、長旅のオアシスとして立ち寄るサービスエリアだけに、そのギャップが病みつきになります。

眺めているだけでホッとする

館内には、目的も事情も様々な一行で溢れています。だから気分転換になります。まるで祭りの出店を巡っているみたいな気持ちです。本の数分前、確かに見慣れた街並みに身を置いていたはずなのに、まるで自分も長旅の途中でひと息ついているみたいな錯覚に陥るはずです。地元の名産が並ぶお土産売り場をゆっくりと見て回るだけでも忙しい日常から解き放たれるでしょう。一周館内を見終えた頃には、ここにいる事の方が自然に思えてしまうはずです。さてそろそろ出発するとしようか。車は何処に止めたんだったかなと目の前の駐車場を見渡してしまいそうです。もちろんそこに自分の車はありません。他の一行様と別れて、自分は連絡通路から外部駐車場に置いた車に戻るとしましょうか。いつもの見慣れた街並みに車を走らせる頃には、逆にさっきまでいたサービスエリアが昨日の事にすら思えてしまうから不思議です。遠くまで行く旅行も良いけれど、ちょっとした時間で旅気分を味わうのもまた良いものだと実感出来るはずです。

バカンス

南国を満喫するなら気軽に行けるハワイに旅行

日本から直行便で行けるハワイ

海外旅行の入門的旅行先として、あるいは冬場などにリフレッシュのために行く場所として、ハワイは有名ですが、これらの地域には人気に裏付けされた魅力がたくさん詰まっています。まずハワイの場合、比較的日本語が通じるホテルやショッピングセンターにレストラン等が多いので、英語を使わなくても旅行が楽しめる点にあります。語学の壁で海外旅行をためらう方も居ますが、ハワイ旅行ならば、現地でのコミュニケーションを日本語で完結させることも難しくはありません。またハワイでは年間を通して温暖な気候なので、半袖で滞在でき、いつ行っても暖かいという気候の快適さがあります。初めて海外にチャレンジされる方は、まずハワイに行くことにしましょう。

楽しみ方もたくさんあるハワイ

ハワイでは楽しみもたくさん用意されています。青く透き通った海を活用した、シュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツに、活火山をめぐるネイチャーツアーなど、ハワイの大自然を満喫出来るツアーは無限に用意されています。ハワイではある程度の人口を抱えている都市も存在するので、繁華街でお酒を楽しんだり、ショッピングで日本では購入できないものを買ったりするのも、ハワイ旅行の楽しみ方です。エキゾチックなグルメを満喫出来るグルメツアーなども開催されていますから、オプショナルツアーとして、出発前に予約するのも良いでしょう。ハワイでは五感をフルに活用して楽しめるツアーが多いので、旅行に行けば素晴らしい思い出になります。

放浪

旅行の経験をネットで発表!ブログで旅行記を発表するために

珍しい交通機関を使った場合は写真を撮っておこう

旅行に行ったときは、できるだけ記録に残しておきたいものです。もし、文章を書くのが苦痛ではない場合、ブログで発表してみるというのもありでしょう。では、旅行記を書くにあたって、どのような準備をしたり、取り組みを行えばいいのでしょうか。まず、旅行先へ行ってから写真やビデオなどの記録を取り始めるのがいいでしょう。というのは、日本の駅や電車、あるいは飛行機といった交通機関は日本人にとっては別に珍しいものではないからです。もちろん、特急列車の個室など珍しい席に座ったり、あるいは豪華な高速バスに乗ったという場合は、中がどのようになっているのか興味を持つ人も多いので、写真を撮ってアップロードした方がいいです。

旅先では静止画と動画を両方撮っておこう

旅行先ではスマートフォンなどを使って、静止画と動画を両方撮っておくといいでしょう。というのは、ビデオであっても動画共有サービスを利用すれば、ブログに簡単に貼りつけることができるからです。編集したい場合は動画編集ソフトを利用することになりますが、単に特定の部分を削除するといった単純な編集であればフリーソフトでも充分行えます。文字を動画の中で表示させたいという場合でも、一万円程度のソフトで実現可能です。文章については、文章力がどれぐらいなのかということにもよりますが、画像が大量にあればそれほど細かく記述しなくても見応えのある旅行記にすることは可能です。人がたくさん訪問するようであれば、アフィリエイト広告をつけるのもいいでしょう。

余暇

フィンランドにオーロラを見に行ってみたい!

日本で注目度が高まっているフィンランド

ここ数年、国内で北欧への関心が高くなっていますよね。とりわけフィンランドの注目度が高いように感じられるのではないかと思われます。昔はフィンランドというと、独特な世界観のアニメやサンタクロースの里というイメージくらいしか持たれていませんでしたが、今では北欧ブランドのインテリアや、フィンランド式教育への注目などあらゆる分野でフィンランドがクローズアップされるようになりました。百貨店での北欧展などのイベントも盛況のようです。海外旅行でも、フィンランドへ行ってみたいという人が以前よりも増えています。フィンランド旅行といえば、やはり本物の美しくて幻想的なオーロラを生で見ることができるツアーをよく見かけますよね。

オーロラを見に行くには…

一口にオーロラを見るツアーといっても、単純にオーロラだけを見るためのものは少なく、他にフィンランドならではの要素を追加したツアーになっています。サンタクロースと会うことができたり、スキーを思いっ切りエンジョイできるツアーや、アメジストの採掘が体験できるものまであるんですよ!ファームでフィンランドの文化や生活に直接触れることができますし、地元の料理を実際に作ることに参加することも可能です!他にも色々とありますが、これらの中からオーロラの他に重視したいものはどれなのかを考えながら選んでいくといいでしょう。他のツアーを選んでも、フィンランドが気に入ったらまた旅行に来ればいいのですし、気軽に決めてしまっても大丈夫です。

世界旅行博

知っておきたい!一人で旅行するメリットとは

一人旅は自由に動けます

仲間どうしで旅行を行なうと、必然的に周りの人の意見が影響を及ぼしてしまいます。余すところなく自分自身の意のままに行動することも不可能ではありませんが、そのような場合は同行者から見て心地良く思われていない懸念もあります。したがって、仲間どうしとして旅行をエンジョイできているかはどちらとも言えないところです。 しかしながら、一人旅でしたら、誰に不快な思いをさせるわけでもありません。 望んでいるときに都合のいいように行動ができるはずです。 あらためていうまでもなく、旅先で面倒を掛けてよいというわけではないです。 お好みのものをチェックして、お好みの物を口に運んで、好きな場所に宿泊することが可能なのが一人旅といえます。

希望どうりの旅行ができます

仲間どうしで旅行をすると、数ヶ月も前の段階からプランを立てて、日程を調整し、行こうと思うところや滞在先を選考し旅行に出ます。しかしながら、一人旅においてはその必要性がほとんどありません。 例えば、明日でも旅行に行きたいといえば、どうしても必要な道具をかき集めて予約を入れて目指すところに行けばよいからです。他人の調整の必要性が無く、突発的な休暇でも即座に出発することができます。旅先においては、多くの必要な情報が得られるでしょう。仲間どうしの旅行だと、必然的に同行者の反応が気掛かりになり、いきなりの予定変更はしにくいいえるでしょう。 一人きりの旅でしたら、どういった状況でも希望している行動ができます。

旅行ガイドブック

安くておいしい!台湾旅行で地元グルメを満喫!

日本に上陸しているものも…

日本語が意外にも通じるので、海外旅行が初めての人でも楽しみやすいのが台湾です。台湾の方からも日本に海外旅行にやってくる方が大勢いらっしゃいますよね。最近は台湾フードのお店が日本に上陸することが増えています。有名なのはボリュームとトッピングのバリエーションの豊富さでも知られているマンゴーかき氷や、タピオカミルクティー、台湾から揚げなどではないでしょうか。これらは現地に行かなくても本場のものに近い味を楽しむことができます。でも、やっぱり現地で食べるとまた美味しさが違ってきますし、地元限定のメニュー、台湾にしかない隠れた名店などは一杯です。やはり現地で食べてからではないと、その食べ物を攻略したとは言えないのですね。

台湾ならではの味とは…

台湾に旅行に行く人たちの間でも、地元グルメを堪能する目的で来たという人の割合は多いのではないでしょうか。安くておいしいフードやスイーツ、ドリンクがいっぱいなのですから当然と言えば当然なのかもしれません。とはいうものの、旅行で台湾に来た人は滞在時間が限られています。そこで言っておきたいのが夜市です。台湾の庶民文化の象徴ともいえる夜市には、たくさんの屋台が出ているので一度にいろいろなフードを見つけることができますよ。そして、覚えておきたいのが台湾では朝食を外で食べる文化があるということです。地元の味を目当てに来たなら、ホテルで朝食を済ませるのではなく、お店に出向いて台湾の朝食というものを食べてみるといいですよ。

キャンピングカー

一人暮らしの飼い主が旅行をする場合、家に残したペットの世話はどうする?

ペットホテルに預ければ常時見てもらえる

一人暮らしでペットを飼っている人が旅行へ行く場合、一番の問題はペットの世話をどうするかということです。ペットが金魚などのように一日、二日程度の絶食であればまったく問題ないという種類であればいいですが、犬や猫などの大型動物の場合、旅行期間が長くなればなるほど、様々な問題が発生します。犬であれば、食事、トイレ、散歩などです。解決方法としては、まずペットホテルに預けるという方法があります。ペットホテルはペットショップなどで行われているサービスで、名前の通り、ペットを預けて泊まらせることが可能です。ペットをどのように過ごさせるのかはペットホテルによって違いますが、周囲に別の動物がいる中でケージに入れておくところもあれば、ある程度広い個室に泊めるところもあります。

外に出すとストレスを感じる動物にはペットシッター

ただ、ペットショップの場合、慣れない環境で動物がストレスを感じてしまうことがあります。特に、猫の場合は犬のように孤独を感じることなく、たとえ飼い主が旅行に行って留守になっても家の中で過ごすことを好むので、ペットホテルには預けない方がいい場合もあります。では、そういったケースでは留守番させるペットをどのように世話をすればいいのかというと、ペットシッターに頼むという方法があります。ペットシッターとは、留守宅の家に定期的に訪問してくれて、えさを与えたり、トイレの砂を交換してくれる人のことです。ペットの様子はスマートフォンなどで撮影してメールで送ってくれるので安心ですし、ちょっとした家の雑用も頼むことができます。

タビマスターズ