知っておきたい!一人で旅行するメリットとは

一人旅は自由に動けます

仲間どうしで旅行を行なうと、必然的に周りの人の意見が影響を及ぼしてしまいます。余すところなく自分自身の意のままに行動することも不可能ではありませんが、そのような場合は同行者から見て心地良く思われていない懸念もあります。したがって、仲間どうしとして旅行をエンジョイできているかはどちらとも言えないところです。 しかしながら、一人旅でしたら、誰に不快な思いをさせるわけでもありません。 望んでいるときに都合のいいように行動ができるはずです。 あらためていうまでもなく、旅先で面倒を掛けてよいというわけではないです。 お好みのものをチェックして、お好みの物を口に運んで、好きな場所に宿泊することが可能なのが一人旅といえます。

希望どうりの旅行ができます

仲間どうしで旅行をすると、数ヶ月も前の段階からプランを立てて、日程を調整し、行こうと思うところや滞在先を選考し旅行に出ます。しかしながら、一人旅においてはその必要性がほとんどありません。 例えば、明日でも旅行に行きたいといえば、どうしても必要な道具をかき集めて予約を入れて目指すところに行けばよいからです。他人の調整の必要性が無く、突発的な休暇でも即座に出発することができます。旅先においては、多くの必要な情報が得られるでしょう。仲間どうしの旅行だと、必然的に同行者の反応が気掛かりになり、いきなりの予定変更はしにくいいえるでしょう。 一人きりの旅でしたら、どういった状況でも希望している行動ができます。

旅行ガイドブック

安くておいしい!台湾旅行で地元グルメを満喫!

日本に上陸しているものも…

日本語が意外にも通じるので、海外旅行が初めての人でも楽しみやすいのが台湾です。台湾の方からも日本に海外旅行にやってくる方が大勢いらっしゃいますよね。最近は台湾フードのお店が日本に上陸することが増えています。有名なのはボリュームとトッピングのバリエーションの豊富さでも知られているマンゴーかき氷や、タピオカミルクティー、台湾から揚げなどではないでしょうか。これらは現地に行かなくても本場のものに近い味を楽しむことができます。でも、やっぱり現地で食べるとまた美味しさが違ってきますし、地元限定のメニュー、台湾にしかない隠れた名店などは一杯です。やはり現地で食べてからではないと、その食べ物を攻略したとは言えないのですね。

台湾ならではの味とは…

台湾に旅行に行く人たちの間でも、地元グルメを堪能する目的で来たという人の割合は多いのではないでしょうか。安くておいしいフードやスイーツ、ドリンクがいっぱいなのですから当然と言えば当然なのかもしれません。とはいうものの、旅行で台湾に来た人は滞在時間が限られています。そこで言っておきたいのが夜市です。台湾の庶民文化の象徴ともいえる夜市には、たくさんの屋台が出ているので一度にいろいろなフードを見つけることができますよ。そして、覚えておきたいのが台湾では朝食を外で食べる文化があるということです。地元の味を目当てに来たなら、ホテルで朝食を済ませるのではなく、お店に出向いて台湾の朝食というものを食べてみるといいですよ。

キャンピングカー

一人暮らしの飼い主が旅行をする場合、家に残したペットの世話はどうする?

ペットホテルに預ければ常時見てもらえる

一人暮らしでペットを飼っている人が旅行へ行く場合、一番の問題はペットの世話をどうするかということです。ペットが金魚などのように一日、二日程度の絶食であればまったく問題ないという種類であればいいですが、犬や猫などの大型動物の場合、旅行期間が長くなればなるほど、様々な問題が発生します。犬であれば、食事、トイレ、散歩などです。解決方法としては、まずペットホテルに預けるという方法があります。ペットホテルはペットショップなどで行われているサービスで、名前の通り、ペットを預けて泊まらせることが可能です。ペットをどのように過ごさせるのかはペットホテルによって違いますが、周囲に別の動物がいる中でケージに入れておくところもあれば、ある程度広い個室に泊めるところもあります。

外に出すとストレスを感じる動物にはペットシッター

ただ、ペットショップの場合、慣れない環境で動物がストレスを感じてしまうことがあります。特に、猫の場合は犬のように孤独を感じることなく、たとえ飼い主が旅行に行って留守になっても家の中で過ごすことを好むので、ペットホテルには預けない方がいい場合もあります。では、そういったケースでは留守番させるペットをどのように世話をすればいいのかというと、ペットシッターに頼むという方法があります。ペットシッターとは、留守宅の家に定期的に訪問してくれて、えさを与えたり、トイレの砂を交換してくれる人のことです。ペットの様子はスマートフォンなどで撮影してメールで送ってくれるので安心ですし、ちょっとした家の雑用も頼むことができます。

タビマスターズ

旅が楽しくなる!一人で旅行する魅力について

旅の途中でも気軽に変更できます

旅先においては色々と疲れが表れることがしばしばあるといえるでしょう。 集団行動になると、初期段階のプラン通りに動くことを必要不可欠なため、かりに疲労困憊していても皆さんと一緒になって移動することが大切だと考えられます。 しかしながら、一人きりの旅行であれば自分自身のモチベーショで計画していた予定の変更ができますので、道半ばにして疲弊したら宿泊先に向け、ひと休みするということも難しくありません。 あらためていうまでもなく、宿泊先の事前準備が済んでいない可能性がありますので、チェックイン時間は順守しなければいけないのですが、そのことさえ順守すれば都合のいいように宿泊先に足を運べます。 疲れ切ったら間をおかず宿泊先に出向いたりなどの調整が可能です。

旅行先での新しい出会いもあります

仲間どうしの行動の場合は、自由に他人にも声をかけ、長話をすることなど出来ないと考えられます。しかしながら、一人の力で動いていれば、思いのままに話しかけたり、長時間お話しして基本的な情報のアドバイスをもらうなどが可能になります。 それに加えて、相手サイドからしても、集団行動をしている人間には話しづらいということも影響します。 ひとりの力で動いていれば、例えば、相手方においても一人きりの旅行をしているようなケースでは、会話をする相手となる可能性があります。 そのような会話から始まり、新しい巡りあいも考えられ、長期にわたって付き合うつながりになる可能性があります。 新しい人との出逢いがあるという魅力もあります。

ホームエクスチェンジ

今年の夏は、「プラネタリウム」に行くっ!

星座のささやきに、耳をすませてみちゃう?

夏がやってきました。七夕を越えると、日に日に気温は高くなり、湿気で汗がじわり。「暑くなってくると、外に出るのが億劫になっちゃうわ」なんてことも……。でも夏休みとなれば、話は別!学生は夏休みが楽しみで仕方ないでしょうし、社会人にとっても日ごろ頑張っている分、夏の休暇は貴重なもの。できることなら、素敵な思い出が残る夏を過ごしたいですよね。「家族で海に行こうかな?それとも山にしようか……いや、テーマパークで遊んでストレス発散?」なんて旅行のプランを考えるのは、実に楽しいひと時──。そこへ、今年は「プラネタリウム」という選択肢を加えてみてはいかがでしょうか。私たちの頭上に広がる空。その向こうには広大な宇宙が広がっています。そこには先人たちが読み解いた星座物語があり、今尚、世界中で脈々と語り継がれているのです。プラネタリウムは、そんな神秘の世界に触れる良いチャンス。「子どもの頃、校外学習で行ったきりで全然だわ」という方も、この夏、星座のささやきに耳をすませてみてはいかがでしょうか。きっと新たな発見に出会えますよ。

幻想空間──プラネタリウムで、心リフレッシュ!

夏といえば──、海開きに花火、野外フェスや盆踊りとイベントが目白押しですよね。ギラギラした太陽に、くらっとしてしまうこともありますが、熱気にあてられてなんだか開放的な気分になっちゃうことも。「普段はしないことも、やってみようかな?」なんて思うこと、ありませんか?でも、ただでさえ暑いのに、屋外で人混みに揉まれるのはちょっとな……という方。今年の夏は「プラネタリウム」に行ってみるというのはどうでしょう?プラネタリウムでは、いつでも美しい満天の星空があなたを迎えてくれます。プラネタリウムも日々、進化しており最新鋭の投影機から映し出される宇宙の姿は、まさに圧巻の一言。息をのむような幻想的な空間に浸れば、「宇宙に比べれば私の悩みごとって、ちっぽけなものかも」と、心もリフレッシュできちゃうかもしれません。中にはアロマの香りを漂わせる装置が設置されているところも、あったりするんですよ。ゆったりと星を見上げながら、解説者の方が語る星座の物語に耳を傾ける──そんな穏やかな時間を満喫してみてはいかがでしょうか。

タビマスターズ

テレビ好きな人が旅行に行く場合に用意すべき家電

最近のテレビならハードディスクをつなげば録画できる

テレビが好きな人は、旅行中に見られない番組がある場合の対処方法を考える必要があります。また、宿泊先で見られると思っていても、旅行先が地方の場合は関東地区の放送とは放送される内容が古かったり、あるいはローカル番組が代わりに流れることがあるので注意しなければなりません。では具体的にどうすればいいのでしょうか。まず、見たい番組は自宅ですべて録画するのが一番いい方法でしょう。最近のテレビであれば、USBで接続できるハードディスクをつなぐことで録画可能です。テレビが古くて録画機能を備えていない場合は、録画機能付きのテレビチューナーを使うといいでしょう。録画可能時間はハードディスクの容量によりますが、1TBあれば100時間程度録れます。

海外に長期で旅行に行く場合はワンセグの全録タイプ

好きな番組をピンポイントで録画するのではなく、地上デジタル放送をすべて録画しておくことも可能です。それは、ワンセグ放送をすべての時間で録画するという機器を使うことです。ワンセグ放送は通常の地上デジタル放送と比べると画質が低い分、データ量が少ないので、ハードディスクの容量によっては一ヶ月分の全番組を録画しておくことも可能です。番組を選んで録画するわけではないので、どの番組を放送するか決まっていないような先の番組でも録画できます。そのため、海外に長期で旅行に行くという場合は理想的な機械といえるでしょう。チューナーの電力は24時間稼働させていてもそれほどかからないので、電気代も気にする必要はありません。

旅行写真

新婚時の旅行先は何処に出かける!?新婚旅行のあれこれ

新婚旅行の旅行先の決め方について

新婚旅行の場合、結婚式の直後あるいは入籍の前後に行くことが多いですが、旅行先を何処に選ぶのかは、その夫婦の経済状況や好みなどによってかわりますから、自由な発想で選ぶことにしましょう。現在では海外旅行の敷居もかなり低くなっているので、新婚旅行といえば海外と言う方も多いですが、国内にも魅力的なスポットはたくさんありますので、あまり場所にとらわれずに決めることにしましょう。新婚旅行の旅行先を決める際には、夫婦どちらかが決めるのではなく、必ず夫婦で話し合いながら、いろいろな候補地について議論するのが適切です。新婚旅行は人生で一度だけの旅行ですから、後悔のない場所に行くことにして、素晴らしい思い出を作りましょう。

特別な演出をしてくれることもある

新婚旅行などで、レストランやホテルを予約した場合には、特別な演出を用意してくれる場合があります。新郎新婦に対して生演奏をしてくれたり、ウエルカムドリンクや、ケーキなどのサービスが提供されることもあります。新婚旅行で旅程を決めるのが面倒な場合には、旅行代理店が企画した新婚旅行のツアーを予約するのも良いでしょう。ツアーと言っても添乗員がつきっきりのツアーではなく、宿泊先や飛行機の手配などを代理店に任せるだけのツアーなので、水入らずで旅行を満喫できます。夫婦二人の趣味に合わせた旅行先は、国内や海外に必ず存在していますから、まずは旅行パンフレットや、代理店のサイトなどを確認して行き先を決めてみましょう。

タビマスターズ

まずは実践しましょう!手軽にできる旅行について

近い距離から始めましょう

旅行と言えば、距離がある場所に足を運ばなければならないとイメージする人も少なくないといえますが、家の近くでも差し支えありません。したがって、隣駅に旅行に出て行くことでも構わないと言えるでしょう。 日帰りの観光もありますし、ワンデイで何気なく当てもなく遊びに出かけるのも旅行といって良いでしょう。 その一方で、旅行といいますと滞在ありきといったスタンスもあると考えられます。 そのような場合は、近くの宿泊施設に泊まるというアプローチもあります。 あえて旅行に出るのに近くの宿泊施設だと金銭が惜しいと感じるかもしれませんが、まず第一に旅行に出ることに抵抗感を消去するためにも、積極的にチャレンジすることが大切です。

簡単な旅行から実践しましょう

旅行においてめんどうなことの代表的な物として、駅から距離があるということがあります。バスに乗ったり骨が折れます。そうしたことをさけて、旅行しないという方もいます。 そのため、最初のうちは電車だけを活用して滞りなく終わるところに足を運ぶと賢明でしょう。 駅より歩行していける宿泊機関や景勝地を見い出し、実践してみましょう。 回数をこなせば、段階的にバスを使ったり、自動車を用いると良いでしょう。 また、近頃は一人きりの旅行を対象にした書物も数多く出ています。 こういった本を読み、どの様なニュアンスの旅行が行われるのかを前もってビジョンを描いてみるのもいいと思います。とりわけ、エッセイによって旅行のムードを言い表したものが一押しです。

観光

究極の交通費節約!ヒッチハイクのメリットとデメリット

内向的な人にとってはかなり難しい

旅行するときにもっとも交通費を浮かせられる方法はヒッチハイクをすることです。では、ヒッチハイクにはどのようなメリット、そしてデメリットがあるでしょうか。まず、デメリットですが、人とのコミュニケーションが苦手な人、内向的な性格の人にとってはかなり難易度が高いということが挙げられます。手を挙げたり、ボードを掲げたりして自分の存在をアピールしないと車を止めてもらえませんし、止めてもらったらドライバーと交渉をしなければなりません。さらに乗せてもらえることになった場合は赤の他人のドライバーと長い時間、会話をしなければならないのです。また、いつ車に乗ることができて、その車はどこまで行くのかまったわからないので予定が立てられないという問題もあります。

他人との会話を楽しめれば旅をより充実させられる

一方、メリットですが、お金がかからないというほかにいろいろな人と話せることが挙げられます。コミュニケーションが苦手な人はこれが苦痛になるわけですが、逆に人と会話をするのが好きな人にとっては、非常に楽しい時間になるわけです。また、話の流れで食事をおごってもらえたり、家に泊めさせてもらえる場合もあります。基本的にヒッチハイカーを乗せてくれる人は親切なので、そういったこともある程度期待できるのです。旅行というのは基本的に、目的地に着いてから楽しむものですが、ヒッチハイクであれば目的地にたどり着く過程も面白くできて、また、思い出深いものにできます。見知らぬ人の車に乗るというのは安全上のリスクもありますが、思い切ってトライしてみるのもいいでしょう。

旅行

苔に癒しを求めて、苔スポットに旅行に行く人々

ついに苔ブームの時代へ

ボタニカルブームの新しい形として誕生した苔ブーム。苔の持つ神秘的な魅力や美しさに魅せられた人々が今、増えているんですよね。苔には癒しの力もあるそうなので、癒しを常に求めている現代人には合っているのかも知れません。苔を愛する女性を苔ガールとも言うそうですが、彼女たちは自分で苔を育てるだけではなく、全国にある苔スポットと呼ばれる、見事な苔が生えている所に旅行に行って、自然の神秘に触れているのです。自分で苔スポットの情報を収集して個人旅行をする以外にも、苔ブームに着目した旅行会社が苔スポットに行くことと、地元の観光名所への訪問をセットにしたツアーを登場させていますから、苔目当てに国内旅行をしたい人にはいいですね。

ホテルの苔ファン向けのプランって?

苔スポットがある地域のホテルも、この苔ブームを利用しない手はありません。早速苔ガール向けのプランを企画した結果、苔を愛してやまない女性たちがホテルを訪れるようになったそうです。食事も通常のメニューとは一味も二味も違う、苔をイメージした個性的なメニューやカクテルを出すというこだわりを見せていますし、苔玉の作り方を指導したり、実際に現地の苔スポットに行ってみるなどの、苔好きを満足させる要素もきちんと揃えています。これだけ苔尽くしだと、まだ苔ガールにまでは到達していない人でも興味が出てくるのではないでしょうか。これからもっと苔スポットを活かしたツアーや、宿泊プランが全国で広がっていくといいですよね。

観光協会